スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポメラDM20Y の様子が変

かつて愛用していた名機 HP200LX の代わりを務めてくれているのが、KingJim のポメラ DM20Y です。いつ購入したのか、記録が見つからないが、このブログ 2012年1月に、QRコードをつかって携帯に送ったとの書き込みがあるので、そのころなのだろう。もうすぐ2年になるのか。それにしても世の中の進歩は、速すぎる。いまだにスマホをもっていない自分は???

DM20Yの特徴は、なにより、携帯性、操作性のよいこと。バッグからとりだし、カバーをはずし、キーボードをひろげ、電源ボタンをおすと、すぐ入力ができる。この間、およそ5秒。

入力がおわったら、そのままキーボードをたたみ、カバーをかけて、バッグにしまう。これは3秒。

電車のなかで入力に夢中になって、気が付いたら、下車駅。でもドアが閉まる前に下りることができる。 これもすべて、由良モデルのおかげ。

 

そのDM20Yが、きょう、おかしなことになった。キーボードを開いても、ロックされない。キー入力ができないわけではないが、すこし不安定。開いたときの底になにか異物があり、ロックキーが利きにくいのだろう。調べてみたが、わからない。そのうちに、直ってしまった。

 

あらためて、DM20Yが壊れてしまったときのことを考える。現在はまだ在庫がありそう。でもそのうち・・・。DM20の後継機は、DM25。メカはおなじで、縦書き表示や、日本語変換など、ソフト面が改良されているらしい。しかし、由良バージョンのカバーはどうなるか。

 

市販ケースに、わたしが求めるものはない。唯一、ランドアートジャパンが、近いものを作っているが。

 

気になるのが、DM20、DM25 だけに用意されている、着せ替えパネル。これはねじ止め式なので、このねじ穴をつかえば、由良モデルと同じような、保護カバーが、自作できるのではないか。

 

ならば、次に購入する際は、DM25にすればよい。やっと安心して、再びキーを打ち始めることができた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tonogusa

Author:tonogusa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS2.0
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。