スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pomera 終焉のときがきた

何年前だろう、pomeraの存在を知ったのは。HANDY98とおなじような風貌で、テキストファイルをシャカシャカと入力。マウスやタブレット全盛の時代にあって、キーボードフォリックを自称していた自分には、見捨てがたい電脳機器だった。しかし、ギミックたっぷりのキーボードは、やはり所有者の酷使には耐えられないのか、キーが反応しないことがしばしば。ご主人様に似て、起き抜けが、調子悪い。数回あるいは10数回キーを連打すると、復活するので、おりおりの記録に使っていた。

しかし歳が明け、ご主人様の後期高齢者突入を知ってかしらずか、いくらキーを連打しても反応しない。そのキーは、ついに4列11文字。これでは、使うわけにはいかない。2台あるpomera DM20Y。データはすべてPCに移し、充電池を抜いてお蔵入り。

DSC06325DSC06329

DSC06332DSC06333

スポンサーサイト

USB接続HDDトラブル

windows10になってから、USB接続を安全に取り外す操作をしたとき、OKの表示がでなくなった。

(パソコンによっては、出ることもあるのだが)。そのためか、端子を早く抜いてしまうくせがついたのかもしれない。USBメモリーならそれほど問題にならないのかも。4日前、なぜか、外付けポータブルHDDのファイル・ホルダーが開けなくなった。ドライブは認識している。ドライブの管理で調べてみると、フォーマットがRAWになっている。

testdiskで調べてみると、やはり内部がこわれているようだ。データが消えるのがこわいので、修復作業までやらないで、quitする。デスクトップPCには、以前ファイナルデータ特別復元版をインストールしていたので、そちらで調べてみると、フォルダー・ファイルはしっかりみえる。故障HDDは1TBだが、別の外付けHDD3TBが、ほとんど内部が空の状態であったので、そちらに復旧データを保存することにした。無事、バックアップがとれて、データも確認ができたので、あらためて故障HDDの復旧にいどむ。

LostTechnologyさんのtips 41 「外付けハードディスクの修復」という記事が大変参考になった。

失敗してもバックアップはとってあり、再フォーマットすれば、HDDも使えるようになるので、安心して、 管理者コマンドプロンプトから chkdsk []: /f /r を起動。

いろいろ処理があって、4時間後に終了。その間、一切手を出すことはなかった。エキスプローラでドライブを開いてみると、きちんとすべてのデータが、健在だった。よかった。よかった。

それにしても、HDDトラブルはいろいろあり、解決策も種々さまざま。今回はうまくいったが、処理の仕方をまちがえると、大変なことになる。外付けHDDの取り扱いは慎重にしなければいけない。、

プロフィール

tonogusa

Author:tonogusa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS2.0
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。