windows live

毎度のことだが、マイクロソフトさんには、引っ掻き回されている。

基本ツールであるメールソフトを標準装備しないなどの暴挙をやってしまうのだから。

やむをえず、windows liveIDを取得したが、windows live writerの存在に気づき、これは便利だととびつく。ついでに、live spaceも確保してblogを立ち上げたら、こんどは、wordpress社に移行だとか。

インターネットの世界は、これからどうなっていくのだろう。クラウドが普及しつつあるが、私は気が進まない。blog も writerの存在を知るまでは、手元にデータが残らないので不安で仕方がなかった。

かつて無料ホームページサイトが乱立しすぎ、その後、合従連衡を繰り返したように、ブログも、くるくる変わるだろうな。
スポンサーサイト

iPad を触ってみた。

テレビのコマーシャルに刺激されて、新宿にいったとき、ヨドバシで、触ってみた。

なるほど、これはすごい。アラン・ケイが提唱した「ダイナブック」が、やっと実現したのだと思う。

数年前より、もうすぐキーボードのないパソコンが現れる。というか、現在のようなパソコンは、早晩姿を消すといってきたが、そのとおりになりそう。

パソコンを母艦にして、この「ダイナブック」を持ち歩けば、すばらしい。近くのマックストアで、さらに詳しい話を聞く。

パソコンとのインターフェースは、標準添付のUSBケーブルでOK。バッテリー充電も市販のUSBアダプターでOK。プリンターとの接続は?ときくと、できません。ときっぱり。アップルは徹底的にペーパーレスを指向しているようだ。それはそれで、いいことだ。最近のプリンターは、メモリーカードさえあれば、なんでもできる。iPadもSDメモリーに出力できるらしい。

フラッシュメモリーといえば、ついに、パナソニック開発のSDが主流になったようだ。デジカメもICレコーダーもケイタイもみなSDカード。sonyのメモリースティックは、まったく使い道がなくなってしまった。

みんなが、iPadを使うようになったら、いままでのようなサポートは不要になる。心配なのは、視覚障害の方がつかえる情報機器がどうなるか。キーボードつきのパソコンが売れなくなったら、相対的に価格は高くなる。

だれでもが使えるバリアフリー、ユニバーサルデザインの情報機器はどんなものだろう。

 

ノートパソコンが安い

今朝の新聞に、DELLが1面広告。これまで、デスクトップが一番安いとおもっていたが、これを見ると、ノートのほうが安い。

販売量が格段に増え、生産ラインも落ち着いてくると、確かにデスクトップより、ノートのほうが、生産時間は短そうだし、部品数もすくない。

デスクトップは、カスタマイズを自分でやりたいヘビーユーザーのものになってしまったようだ。

相談にこられたかたにも、ノートを薦めてきたが、あながち間違ってはなさそう。

 

 

5インチフロッピーディスク

知人から、電話がかかり、5インチドライブのついたパソコンをもっていないかとの問い合わせ。段ボールにいれたままのDOSマシンをもっていることを思い出し、ありますよ。と答えたが、よく考えたらそれは、3.5インチFDD。5インチPCは、PC8001か、N5200-05。いずれもとおの昔に処分してしまっていた。収納壁に入れた段ボールには、DOSやWin3.1関連のソフトや資料がまだ残っているが、そろそろ処分をと思っていた矢先。データ媒体も、3.5FD、MD、CDーRと大量に抱えているが、それを読み込む、ハード、ソフトともに手近にはなくなってしまっている。結局、本当に大切なものは、紙に記録しておくしかない。

パソコンのデータは、個人にとっては、利用活用するもので、保存するものではないようだ。

やはり思い切って処分してしまおう。
プロフィール

tonogusa

Author:tonogusa
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSS2.0
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク